不動産投資の必勝法!

絶対に勝ち抜くためのポイント

あまり失敗するリスクが少ないと言われている不動産投資ですが、不動産投資をしている方の全てが失敗をしていないとは限りません。 何も考えずに物件を購入し続けても、成功するポイントを抑えていなければ失敗の連続になるでしょう。 不動産は購入資金も高額なので、失敗した時の損害額はかなり大きくなります。 利益を得て資産形成をするどころか、不動産も残らずにマイナスの負債を抱え込んでしまうことも考えられるのです。 このような事態に陥らないためにも、不動産投資の必勝法として抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

街の状況を把握する

不動産投資はどの地域でも成功するものではありません。 最も成功しやすいと言われているのは東京や横浜など人口がどんどん増えている地域で、逆に人口が減少し続けているような地域では不動産投資は成功しません。 投資はあくまでもこれから成長すると期待できるモノに対して大事な資産であるお金を投じるものです。 成長する見込みがないモノに対して投資をするということは、お金を捨てているようなものだと考えてください。 人口が減っているということは、せっかく購入した物件に入居してくれる人がいなくなる可能性が高いということなので、収益性が見込めないと考えられます。 物件がとても素晴らしくて自分も住んでみたいと思えるほどだったので即購入を決断したものの、なかなか入居者が現れないというケースもあります。 街の状況をよく確認しないまま物件を購入するとこのような事態に陥りやすいのですが、何に原因があったのかと考えてみると周辺環境があまりにも悪かったことが原因になっている場合があります。 すぐ近くに大きな工場があって排気ガスが常に排出されているような場所だったり、近くに住んでいる人の家がゴミ屋敷だったりと住環境の悪さにより空き室が発生しやすい原因になりかねません。 あらかじめ街の状況をよく確認し、利便性や快適性を重視して物件探しをしてください。

無理のない物件から購入する

不動産投資は楽で儲かる!と考えている方もいるようですが、決してそんなことはないです。 どんな物件でも賃貸物件にしたら良いと考える方もいますが、そもそも入居者がいなければ成り立たない話になります。 新築物件でなければ入居者がいないだろうと思い込み、住宅ローンを組んで物件を購入したものの、思っていたほどの利回りを得られずにローン返済が厳しいと嘆く人もいます。 このような失敗をしないためにも、無理のない物件から検討することをおすすめします。 初心者に始めやすい物件としておすすめされるのはワンルームの区分所有です。 ある程度手頃な価格で入手でき、需要も多いことから効率よく収益が期待できます。
Read More

不動産投資、42.7%が「年金の代わり」

老後の備えとして考える人が多い

日本の将来は一体どうなってしまうのだろうか?と不安を感じさせる原因になっているのが年金問題です。 高齢者を支えるべき若い世代が少ないこと、年金不払いする人が後を絶たないこと、年金を受け取る年齢が先延ばしされる傾向にあることなど様々な要因が重なって年金に対する不信感が広がっています。 このような状況から、老後は年金だけに頼る生活では不安を感じ、自分で何とかして老後の備えをしておかなければいけないという考え方が定着しています。 老後の備えとして最適だと注目されているのが不動産投資です。 実際に不動産投資をしている人のうち42.7%が年金の代わりとして不動産投資を始めたと回答しています。 将来に不安を感じているからこそ、安定した収入が期待できる不動産投資が着目されています。

リスクに対する意識

不動産投資は安定収入が期待できると言われているのは、リスクに対する考え方によるものです。 様々な投資商品の中でも株式投資や外貨投資などはリスクが高いとされています。 不動産投資についても投資金額が高額になる場合が多いためリスクが高めだと言えますが、余程のことがない限りは失敗のリスクは少ない方だと言われておりミドルまたはロークラスのリスクだと考えている人が多いです。 では実際のところ本当にリスクが少ないものなのかというと、一昔前ほどではないもののリスクの可能性はゼロではないことがわかります。 バブルが崩壊した時には不動産投資を行っていた人の中で大失敗をして後悔をする人が続出しました。 当時は物件を安く買って高く売るというキャピタルゲイン目的の不動産投資が中心だったため、バブル期のピーク時にはこの恩恵を受けてかなり設けていた方も多かったですが、バブル崩壊と共に物件価格が急下落したため大損害を被った人が続出したのです。 そのため当時の出来事を知っている人達は不動産投資なんてリスクが高い投資をするなんてとんでもないと考えるのも当然です。 現在は購入した物件を賃貸することで家賃収入を得て長い期間をかけて利益を得るインカムゲイン目的の投資が一般的です。 老後の収入が少なくなった時に家賃収入として毎月安定した収入があれば安心できると考えることができるため、年金代わりに不動産投資を始める方が多いのです。 しかし、空き室が発生した時や今後不動産市場が変化した時のリスクを全く考えないわけにはいきません。 空き室が生じた場合には素早く次の入居者を探さなければいけませんし、不動産市場の動向にも注目しなければいけません。 これらのリスクに対する対策も十分に練っておかなければ、年金の代わりとして機能させることが難しくなるので十分ご注意ください。
Read More

不動産価格は上昇傾向

低金利政策の影響?

日本ではしばらく低金利政策が継続していることから、不動産投資市場は健聴傾向の状態が続いているとされています。 不動産価格が上昇傾向にあり、利回りが低下傾向にあることから、不動産投資を実践している人、これから不動産投資を始めてみようと考えている人にとっては今度の動向が気になるところだと思います。 特に首都圏の物件に関しては不動産価格の上昇がよく見られるだけでなく、不動産投資への注目度の高さから良い物件を見つけるのが難しくなっています。 東京都内が特に不動産投資に最適と言われる理由は、やはり空き室リスクが少ないと考えられるからです。 せっかく物件を手に入れても、入居してくれる人がいなければ家賃収入を得られないため、いつまでも利益を得ることができずに終わってしまいます。 元々人口が少ない地域で利便性の悪い場所に立地しているような物件では、特に空き室が発生しやすいものです。 しかし、東京都内の場合は人口が減少するどころか増加傾向にあるため、良い物件に入居したいと考えている方がたくさん存在しています。 利便性の良さと居住空間の快適性を兼ね備えた物件なら人気が集中するのは必至で、空き室になることはほとんどないと考えられます。 また、今後は東京オリンピックの開催が予定していることもあるため、不動産価格の上昇傾向は更に続くと予想されています。 他にもたくさんのライバルが存在する中で、どのような物件を探したら良いのか考えてみましょう。 参考:ワンルームマンション投資で「長期安定収入」を得る

おすすめは中古マンション

物件価格が上昇傾向にあることから、できるだけ購入資金を抑えて利回りの良い物件を探すことが条件になりますが、このような好条件を満たす物件を探しているライバルはたくさん存在しています。 これは良い物件だとピンと来た場合には、速やかに手続きを済ませて購入したいので、あまり高額な費用をかけたくないという投資家も多いです。 手頃で良い物件を優先的に探したいという場合におすすめなのは、やはり中古マンションです。 中古という概念は築30年の物件でも、昨年建てられたばかりという物件でも同じ中古という括りになります。 見た目も築年数もまるで新築と変わらなくても、一度登記されたものは誰も住んだ実績がなくても中古になって価格も新築時より2~3割は落ちるのです。 このような物件を重点的に探すようにすると、思っていた以上に良い利回りを期待できる場合があります。 不動産価格が上昇傾向にある中で、不動産投資を成功させるためにはセンスが必要とされています。 勘だけでは成功することはあり得ないので、必ず良い物件を見抜く実力を身につけて素早い行動力で決断することも必要になります。 慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、少しずつ不動産投資のコツを掴むようにしてください。
Read More

新しい不動産投資の形 シェアハウス経営

効率よく家賃収入を確保する方法

できるだけリスクの少ない不動産投資を実現させたいと考えている方にとって有効だと期待されているのがシェアハウスの経営です。 シェアハウスは若い世代を中心に注目されている新しい賃貸物件のことで、全国的に物件が増えています。 効率よく家賃収入を確保できることから、空き室リスクを減らしたいと考えている方にも最適です。 シェアハウス経営を検討している方に注目していただきたいメリットについてご紹介します。

収益性が高くなる

例えば戸建て物件をシェアハウスとして運用することにした場合には、一般のファミリー向けの賃貸物件として運用するよりも収益性が高くなります。 基本的には個室の数に応じて入居者を募集することができるため、最大で入居者の数だけ家賃収入を確保できるメリットがあります。 例えば個室として4部屋確保できる物件の場合は、最高で4人の入居者を募集することができます。 それぞれの入居者から家賃収入を得ることができれば、一世帯だけのファミリー物件として賃貸するよりも家賃収入は高額になります。 シェアハウスとして運用するにあたってリフォームが必要になる場合もあり、物件の購入費用と合わせると初期投資が高額になる可能性もありますが、長い目で考えると収益性の高さは大きなメリットになります。 運営に関してはオーナー自ら行っても良いですが、入居者募集やクレーム対応などの管理が難しいという場合には専門の業者に依頼することもできるのでいざという時に安心です。 参考:ゲスト・シェアハウスの運営をご検討のオーナー様|オークハウス

安定した家賃収入

不動産投資のリスクとして考えなければいけないのは空き室が発生した時の事です。 入居者が退去して空き室になるということは、家賃収入がゼロになって途絶えてしまうことを意味しています。 家賃収入がない状態が続くほど不動産投資として失敗する可能性が高くなるため注意が必要になります。 しかし、シェアハウスの場合は複数の入居者がまとまって入居してくれるものですが、全員が一度に退去するということはほとんど考えられません。 空き室が発生しても他の入居者からの家賃収入はしっかり確保できるので、家賃収入がゼロになって焦ることがないのです。 シェアハウスは一般の物件と比較してコストが安い事が大きな魅力になると捉えられていることから、条件が合えば入居したいと希望する方が多いです。 そのため、空き室が発生してから入居者募集をすると、思っていたよりも簡単に次に入居する人が決定する特徴もあります。 効率よく稼働させることができるため、安定性のある経営を持続できることが大きなメリットとして考えることができます。 今後も全国各地にシェアハウスの需要が高まっていくと考えられるため、できるだけ多くの物件を所有していると有利になると考えられます。
Read More

不動産投資の基礎知識

大家になって利回りを得る

投資方法の中でも高額な初期費用が必要になるため敷居が高いと感じられるのが不動産投資です。 不動産投資とは、アパートやマンション、一戸建てなどの不動産を購入して賃貸物件として貸すことで家賃収入を得ながら利益を得るものです。 一般の人が一生に一度の大きな買い物と捉え、覚悟を決めて購入するような不動産に資金を投じるということはかなり大きな賭けに感じられますが、実際には投資の初心者でも挑戦できる方法として実践している方も多いと言われています。 不動産投資に関する勉強をしっかりしておかなければ成功するのは難しいとも言われています。 参考:不動産投資とは投資方法メリット・デメリット不動産投資手続き

2種類の投資方法

不動産投資の方法は大きく分けて2種類存在しています。 一つはマンションなどの不動産を自分で購入して賃貸物件にするという方法です。 以前は賃貸物件としてではなく、地価が上がったタイミングに売却するという方法で利益を得ていたものですが、最近は賃貸物件にして家賃収入を得る方法が一般的になっています。 中古物件や新築物件などを入居者のニーズを予測して購入することになるため、ある程度は不動産に関する知識を持っていなければ欠陥物件を掴まされる可能性があるため注意が必要です。 高額な購入資金を準備しなければいけませんが、全額自己資金ではなく住宅ローンの借入をして購入することも可能です。 ただし中古物件の場合は担保としての価値がないと判断されると融資対象とみなされないため注意してください。 もう一つの方法は不動産投資信託・REITと呼ばれる方法です。 これは直接不動産に投資するものではなく、何人かの投資家から必要な資金を集めて不動産に投資する方法です。 不動産投資を行う専門家が運用するため、失敗の少ない投資方法とされています。 なお、投資金額についても数十万円からという敷居の低さが人気の秘密です。 少額でも不動産投資が実現する画期的な方法になります。

安定した収入でリスクが少ない

不動産投資の場合は家賃収入を得ながらできるだけ多くの利回りを追求するという投資方法になるため、家賃収入がある限りは安定収入を確保できます。 老後の生活に備えた投資として活用することもでき、節税効果も期待できるメリットがあります。 大きな損をするリスクは低いと言われていますが、注意しなければいけないのは空き室が生じることです。 入居者がいなければ家賃収入を得ることもできないため、赤字になる一方です。 また、建物が老朽化するほど改修費用が発生して余計なコストがかかる可能性もあります。 素人では良い物件なのか見抜けない部分も多いため、専門家の助言を受けながら投資物件として最適なのかをよく見極めなければ成功を収められないでしょう。
Read More