注目度UP!武蔵小杉のマンション価格が上がった理由

新たな都心部へのベッドタウンとして注目

一極集中による人口密集が問題となっている都内においては、新たに住宅地として開発されるベッドタウンも数多く見られます。 ここ最近で最も注目を受けている都市と言ってもよいのが武蔵小杉で、神奈川県川崎市中原区という東京都内ではない住所になるもののアクセス環境は非常によく現在も数多くの高層ビルが建築されています。 まず武蔵小杉駅の位置ですが、都内と神奈川県を隔てる多摩川を超えてすぐのところで川一本を超えたところがすぐ田園調布というロケーションです。 武蔵小杉駅に乗り入れをしている路線は東急東横線、東急目黒線をはじめ、横浜高速鉄道みなとみらい線、湘南新宿ライン、成田エクスプレスなど非常に多数に渡っています。 特に注目なのが新宿、渋谷、恵比寿などの山手線主流駅だけでなく、銀座や麻布十番、大手町といったビジネス街にも一本の電車で短時間アクセスができるという点です。 さらに成田エクスプレスやみなとみらい線などは空港や横浜方面にも直通となっているので、都内よりも神奈川よりで生活をしたいという人にとっては非常に魅力的です。

武蔵小杉の主な高層マンション

もともと武蔵小杉という街は工場の街川崎らしく大小の工場がひしめく地域として長く発展をしてきました。 しかし1990年代に入ったあたりから急激にそれら中小工場が閉鎖をしはじめ、工場跡地が駅周辺に数多く出るようになりました。 そこで川崎市が新たな街づくりとして都内からのアクセス環境を向上させることにより、住宅地として再編をするようになったのです。 ベッドタウンとして最初に開発されたのが現在も人気のある高層マンションである「ザ・コスギタワー」で、地上49階・地下2階というランドマークとも言えるような巨大な建造物です。 建築は2008年ですが高層階は今もかなりの高値で取引をされており、広々とした間取りにファミリー世帯の多くが入居をしています。 マンションだけでなく巨大商業施設も続々と作られており、駅前にあるグランツリー武蔵小杉は内部に100軒以上のテナントの入る商業施設として地元の人だけでなく都内や横浜市からのお客さんを集めています。 こうした巨大施設は続々と誕生しており、わずか数ヶ月ですっかり町並みの印象も変化をしているというのが現状です。 まだ開発半ばということもあり、同じ広さの間取りの部屋であっても都内で探すよりも割安で入れるということもまた便利な点です。 都内での高層マンションは湾岸沿いに人気がありますが、南海トラフ巨大地震の危険が伝えられる海沿いの脆弱な地盤の場所ではなく内陸の武蔵野台地にある武蔵小杉を選ぶ人も増えています。
Read More

投資マンションの落とし穴

不動産投資の活発化の裏ではびこる悪徳商法

株式市場のリスクが高まっている現代において、大きな注目を受けているのが不動産への投資です。 不動産投資は30~40代のうちにアパートやマンションなどの賃貸物件を購入をするという方法が一般的で、定年までにローンを返済していくことにより、定期収入がなくなったあとにも不労所得として金銭を得られることが魅力です。 確かに不動産投資は株式への投資やFX、先物取引のようなハイリスクさはなく、投資をすることによって自らの資産を別の形で保有することができるという大きなメリットがあります。 しかしあまりにも急激に不動産投資のメリットばかりが一般的に伝えられてしまったがために、しっかり理解しておくことが必要な知識を備えないまま市場に参入する人が増えてしまいました。 そうした知識不足な不動産投資希望者をターゲットにしているのが悪質な不動産会社です。 不動産会社の中には投資によるメリットばかりを極端に強調して無理やり契約をとり、会社の売上があがったあとには自己責任として投資者が損をしても知らん顔というようなところもあります。 不動産投資がいくらリスクが低いとはいっても、投資として行う以上は必ずリスクやデメリットはあります。 賢く不動産投資をしていくためには、その危険性をも十分に理解をして騙されないようにしていくという個人の勉強が欠かせません。

マンション投資の失敗例

実際にあったマンション投資の失敗例としてはまず「将来絶対に大きな資産になる」というセールストークに乗せられて、相場価格よりも高く新築マンションを購入してしまったということがあります。 最近はマンションやアパート物件をまるごと購入することができない人であっても手軽に始められる不動産投資としてワンルーム投資という方法がありますが、これは定期家賃が入るアパート・ビル経営よりも遥かに運営の難易度は高いです。 つまり1部屋のみのオーナーの場合、入居している人が退去をした場合、次の入居者が決まるまでは全く収入がない状態になってしまうからです。 最初から一部屋を即金で購入しているならばまだしも、ローンで購入した場合には家賃収入の減少はそのまま毎月のローン返済を赤字にすることになります。 この場合不動産会社は「1年間ずっと入居者がいる」という前提のもとローン返済のプランを最初に提示してきますので、空き室リスクを十分に理解しないまま契約をしてしまうのは非常に危険です。 最初の数年くらいは新築物件として人気がありひっきりなしに入居があったとしても、ローンを完済するまでには20年くらいがかかりますので、築年数20年の中古マンションにそうそう人が入り続けるということは考えられません。
Read More

不動産投資の必勝法!

絶対に勝ち抜くためのポイント

あまり失敗するリスクが少ないと言われている不動産投資ですが、不動産投資をしている方の全てが失敗をしていないとは限りません。 何も考えずに物件を購入し続けても、成功するポイントを抑えていなければ失敗の連続になるでしょう。 不動産は購入資金も高額なので、失敗した時の損害額はかなり大きくなります。 利益を得て資産形成をするどころか、不動産も残らずにマイナスの負債を抱え込んでしまうことも考えられるのです。 このような事態に陥らないためにも、不動産投資の必勝法として抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

街の状況を把握する

不動産投資はどの地域でも成功するものではありません。 最も成功しやすいと言われているのは東京や横浜など人口がどんどん増えている地域で、逆に人口が減少し続けているような地域では不動産投資は成功しません。 投資はあくまでもこれから成長すると期待できるモノに対して大事な資産であるお金を投じるものです。 成長する見込みがないモノに対して投資をするということは、お金を捨てているようなものだと考えてください。 人口が減っているということは、せっかく購入した物件に入居してくれる人がいなくなる可能性が高いということなので、収益性が見込めないと考えられます。 物件がとても素晴らしくて自分も住んでみたいと思えるほどだったので即購入を決断したものの、なかなか入居者が現れないというケースもあります。 街の状況をよく確認しないまま物件を購入するとこのような事態に陥りやすいのですが、何に原因があったのかと考えてみると周辺環境があまりにも悪かったことが原因になっている場合があります。 すぐ近くに大きな工場があって排気ガスが常に排出されているような場所だったり、近くに住んでいる人の家がゴミ屋敷だったりと住環境の悪さにより空き室が発生しやすい原因になりかねません。 あらかじめ街の状況をよく確認し、利便性や快適性を重視して物件探しをしてください。

無理のない物件から購入する

不動産投資は楽で儲かる!と考えている方もいるようですが、決してそんなことはないです。 どんな物件でも賃貸物件にしたら良いと考える方もいますが、そもそも入居者がいなければ成り立たない話になります。 新築物件でなければ入居者がいないだろうと思い込み、住宅ローンを組んで物件を購入したものの、思っていたほどの利回りを得られずにローン返済が厳しいと嘆く人もいます。 このような失敗をしないためにも、無理のない物件から検討することをおすすめします。 初心者に始めやすい物件としておすすめされるのはワンルームの区分所有です。 ある程度手頃な価格で入手でき、需要も多いことから効率よく収益が期待できます。
Read More

不動産投資、42.7%が「年金の代わり」

老後の備えとして考える人が多い

日本の将来は一体どうなってしまうのだろうか?と不安を感じさせる原因になっているのが年金問題です。 高齢者を支えるべき若い世代が少ないこと、年金不払いする人が後を絶たないこと、年金を受け取る年齢が先延ばしされる傾向にあることなど様々な要因が重なって年金に対する不信感が広がっています。 このような状況から、老後は年金だけに頼る生活では不安を感じ、自分で何とかして老後の備えをしておかなければいけないという考え方が定着しています。 老後の備えとして最適だと注目されているのが不動産投資です。 実際に不動産投資をしている人のうち42.7%が年金の代わりとして不動産投資を始めたと回答しています。 将来に不安を感じているからこそ、安定した収入が期待できる不動産投資が着目されています。

リスクに対する意識

不動産投資は安定収入が期待できると言われているのは、リスクに対する考え方によるものです。 様々な投資商品の中でも株式投資や外貨投資などはリスクが高いとされています。 不動産投資についても投資金額が高額になる場合が多いためリスクが高めだと言えますが、余程のことがない限りは失敗のリスクは少ない方だと言われておりミドルまたはロークラスのリスクだと考えている人が多いです。 では実際のところ本当にリスクが少ないものなのかというと、一昔前ほどではないもののリスクの可能性はゼロではないことがわかります。 バブルが崩壊した時には不動産投資を行っていた人の中で大失敗をして後悔をする人が続出しました。 当時は物件を安く買って高く売るというキャピタルゲイン目的の不動産投資が中心だったため、バブル期のピーク時にはこの恩恵を受けてかなり設けていた方も多かったですが、バブル崩壊と共に物件価格が急下落したため大損害を被った人が続出したのです。 そのため当時の出来事を知っている人達は不動産投資なんてリスクが高い投資をするなんてとんでもないと考えるのも当然です。 現在は購入した物件を賃貸することで家賃収入を得て長い期間をかけて利益を得るインカムゲイン目的の投資が一般的です。 老後の収入が少なくなった時に家賃収入として毎月安定した収入があれば安心できると考えることができるため、年金代わりに不動産投資を始める方が多いのです。 しかし、空き室が発生した時や今後不動産市場が変化した時のリスクを全く考えないわけにはいきません。 空き室が生じた場合には素早く次の入居者を探さなければいけませんし、不動産市場の動向にも注目しなければいけません。 これらのリスクに対する対策も十分に練っておかなければ、年金の代わりとして機能させることが難しくなるので十分ご注意ください。
Read More

不動産価格は上昇傾向

低金利政策の影響?

日本ではしばらく低金利政策が継続していることから、不動産投資市場は健聴傾向の状態が続いているとされています。 不動産価格が上昇傾向にあり、利回りが低下傾向にあることから、不動産投資を実践している人、これから不動産投資を始めてみようと考えている人にとっては今度の動向が気になるところだと思います。 特に首都圏の物件に関しては不動産価格の上昇がよく見られるだけでなく、不動産投資への注目度の高さから良い物件を見つけるのが難しくなっています。 東京都内が特に不動産投資に最適と言われる理由は、やはり空き室リスクが少ないと考えられるからです。 せっかく物件を手に入れても、入居してくれる人がいなければ家賃収入を得られないため、いつまでも利益を得ることができずに終わってしまいます。 元々人口が少ない地域で利便性の悪い場所に立地しているような物件では、特に空き室が発生しやすいものです。 しかし、東京都内の場合は人口が減少するどころか増加傾向にあるため、良い物件に入居したいと考えている方がたくさん存在しています。 利便性の良さと居住空間の快適性を兼ね備えた物件なら人気が集中するのは必至で、空き室になることはほとんどないと考えられます。 また、今後は東京オリンピックの開催が予定していることもあるため、不動産価格の上昇傾向は更に続くと予想されています。 他にもたくさんのライバルが存在する中で、どのような物件を探したら良いのか考えてみましょう。 参考:ワンルームマンション投資で「長期安定収入」を得る

おすすめは中古マンション

物件価格が上昇傾向にあることから、できるだけ購入資金を抑えて利回りの良い物件を探すことが条件になりますが、このような好条件を満たす物件を探しているライバルはたくさん存在しています。 これは良い物件だとピンと来た場合には、速やかに手続きを済ませて購入したいので、あまり高額な費用をかけたくないという投資家も多いです。 手頃で良い物件を優先的に探したいという場合におすすめなのは、やはり中古マンションです。 中古という概念は築30年の物件でも、昨年建てられたばかりという物件でも同じ中古という括りになります。 見た目も築年数もまるで新築と変わらなくても、一度登記されたものは誰も住んだ実績がなくても中古になって価格も新築時より2~3割は落ちるのです。 このような物件を重点的に探すようにすると、思っていた以上に良い利回りを期待できる場合があります。 不動産価格が上昇傾向にある中で、不動産投資を成功させるためにはセンスが必要とされています。 勘だけでは成功することはあり得ないので、必ず良い物件を見抜く実力を身につけて素早い行動力で決断することも必要になります。 慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、少しずつ不動産投資のコツを掴むようにしてください。
Read More