大証の新売買システム「J-GATE」

世界最高水準のシステムを目指す

大阪証券取引所では2011年2月から新しい売買システムのJ-GATEが稼働しています。 大証の新売買システムJ-GATEは、注文をする際の発注時間が短くなっただけでなく、処理能力が大幅にアップしたことから世界最高水準のシステムになったとされています。 更にバージョンアップさせた新しいJ-GATEも登場することで、更にデリバティブ取引が変わっていくと期待されています。 参考:次期J-GATE稼働時における取引制度の見直しについて

先物取引の歴史が変わる!

改良版のJ-GATEが稼働することによって様々な先物取引が実現することになります。 日経225平均などの先物については取引されていてマザーズ指数については先物がありませんでしたが、改良版が稼働することで導入できるようになります。 更にオプション取引に関しても新たに開始されることから、今後の先物市場が活発化することが期待されています。 もう一つ注目したいのがナイトセッションの終了時間です。 従来は午前3時まででしたが、改良版が稼働されると午前5時半になります。 元々は午後7時までだったものが、徐々に延長されてきた結果いよいよ午前5時半まで伸びることになりました。 日中に取引される時間帯と合わせると取引していない時間帯は24時間のうちたったの4時間くらいだけということになります。 もう少しで24時間の取引が可能になるかもしれないため、利便性の良さが実現するとも期待されています。 この他にも様々なバージョンアップが行われますが、リスク管理が強化される点についても注目してください。 例えば自動発注システムで誤動作が生じた場合、過剰な発注をする可能性があります。 このような間違いに対する管理体制をしっかり構築することを義務付けています。 管理方法や観点についてはガイドラインで指示されている内容をしっかり守ることが大切です。 また、あらかじめ設定している数量や金額を超えた注文をした場合に、J-GATEシステムが受付をしないようにするハードリミット機能を提供します。 この機能は取引に参加する方に使用することを義務付けするものです。 ただしこの機能についてはJ-NET取引は対象外になっているので注意してください。 このように新しいJ-GATEが稼働されることによって様々な先物取引の変化がもたらされることが考えられます。 今後は更に便利な取引を実現するための改良が行われる可能性もあるため、投資家としては期待したいところです。 稼働当初はまだシステムに使い慣れていない部分もあるため、注意しながら活用することをおすすめします。 なお、各証券会社でも新しいJ-GATE稼働に伴う解説が行われていますので、利用している証券会社から提供される情報を見逃さないようにしてください。
Read More

魔の水曜日知っていますか?

先物取引で知っておくべき基礎知識

投資商品の中でもギャンブル的要素が強いと言われている先物取引は、将来の価格をしっかり予測して売買しなければいけません。 未来を見据えることができるスキルに長けていれば有利になる投資商品ですが、一般の素人ではそう簡単には予測するのが難しい面もあります。 しかし、投資家の間で囁かれているアノマリーと呼ばれている現象を知っていると、ある程度将来を予測することも可能になります。 投資に関するアノマリーは色々ありますが、その中でも有名なのが魔の水曜日です。 何となく嫌なイメージの言葉からも想像できるように、投資家の間では注意すべき時だと認識されています。 魔の水曜日とは一体どのような事なのか確認しておきましょう。

SQ算出日が鍵を握る

魔の水曜日と呼ばれているのは毎週水曜日という意味ではなく、SQ値が算出される週の水曜日のことをさしています。 この日は相場が軟調になりやすいことから、取引をする際には注意しなければいけないと言われています。 SQは先物取引などで決済の最終日まで反対売買がなければ清算する際に適用する指数を意味しています。 特に注意すべきなのは先物取引とオプション取引のSQ算出日が重なることになる3、6、9、12月の第2金曜日の計4回です。 この日にかけて市場は活発に動きを見せることになり、投資家にとっては気が気でない状況になると予想されます。 SQ算出日当日の金曜日にかけて週の真ん中である水曜日は現物売りが多くなって軟調になる可能性が高いと言われています。 魔の水曜日のアノマリーが的中するとは限りませんが、これまでの結果によると的中している日が多いのも事実です。 相場の状況を冷静に判断しながら適切な取引を行うことができるようにしてください。

個人投資家は対応が難しい

魔の水曜日が近づいてくるとどんな状況になるのかソワソワする個人投資家も多いですが、明らかに大荒れの相場になるともう駄目かもしれない…と諦めてしまいそうになる方も多いです。 水曜日の段階でこんなに荒れているなら、金曜日にはもっと荒れてしまうのかと思うと夜も眠れないかもしれません。 荒れる度に損をしていると考えると焦って投げ売り状態になり、少しでも損を食い止めようとするかもしれません。 でも、焦りは絶対に禁物です。 個人投資家を食い物にしようとするプロの投資家が存在しており、個人投資家の損をそのまま自分の儲けとして利ざやを得ているケースが多いのです。 いざという時に冷静な判断ができるかどうかが、今後投資家として大きく成長するか否かにかかっていると言っても良いでしょう。 投資をするということはリスクが存在していることを十分理解したうえで、落ち着いて判断することが大切です。
Read More

リーマンショック以降、「株価指数先物取引」に投資家が注目

投資方法の視野を広げる選択肢の一つ

2008年に世界の経済状況を大きく揺るがしたリーマン事件が発生してからは、金融商品に投資する人達の取り組み方が多様化する傾向が見られるようになりました。 株に投資してもなかなか株価が上昇しないため、タイミングを見計らうのが難しいと思っていると逆に株価が下がってしまうという状況になることも珍しくありません。 なかなか好景気に転じないため、投資家にとっては厳しい状況が続いているのも事実です。 投資家が更に新しい視野を広げるために、各証券会社では新しい金融商品の開発に取り組んでいます。 投資家に利益をもたらして経済を循環させることによって、日本だけでなく世界各国の経済状況が好景気に転じることが期待されています。 その中で注目されているのが株価指数先物取引です。 リーマンショック以降、投資家が注目している株価指数先物取引について詳しく解説します。

日経225先物取引

株価指数先物取引とは日経225先物や日経225ミニと呼ばれている取引が該当します。 日経225とは東証1部に上場済み銘柄の中でも市場を代表している225銘柄の日経平均株価指数のことです。 日経225先物は、日経225を対象にして将来定めた期日に現在の定められている価格で売り買いするのを約束する取引をいいます。 日経225先物の10分の1の取引が可能な日経225ミニが投資家の間で人気になっていることにも注目してください。 少ない証拠金でも取引を実現させることができるため、比較的早い段階で収益を得る喜びを実感できると言われています。 通常の株取引と比較すると、日経225先物を選択するメリットは多いと言われています。 例えばたくさん存在している株の銘柄から何に投資をするべきなのか選びきれないという方も多いです。 判断基準が難しいため損をするのが怖くて大事なお金を投じるのがもったいないと感じられる場合もあります。 本業を持っている方は株価の変動を常時チェックすることが難しいため、最適な取引が難しいと考えられます。 しかし、日経225先物の場合は日経平均株価を対象にするためたった一つの取引対象になり、面倒な銘柄チェックを行う必要がありません。 通常の株取引では倒産リスクを考えながら慎重に選ぶ必要もありますが、日経225先物なら日経平均株価を対象にしているので倒産リスクを心配する必要もないのです。 現在の株相場がどう変動していても、収益を得るチャンスが存在していることから、個人投資家でも挑戦しやすい投資法だと言われています。 各証券会社では日経225先物などの取引を有利にするために活用できる便利なツールなどを開発し、投資家からの支持を得ています。 どの証券会社が自分に合っているのかをよく確認しながら選択することが成功を収めるコツといえるでしょう。
Read More

先物取引の基礎知識

価格変動しやすい商品の将来を予測して売買する

私達の身の回りには価格変動がしやすい商品が色々存在しています。 例えば野菜や果物などの食品はその年の自然環境に応じて収穫量が全く異なります。 たくさん収穫できた時には安く出回ってしまうこともありますし、収穫量が激減すると価格が高騰する場合もあります。 あまりにも価格変動が激しいと生産者はその時に応じて収入が大きく変わることになりますし、消費者は安定した供給を受けることができない状況になります。 そこで安定した価格で出回り、安定供給を目指す方法として発展したのが先物取引です。 先物取引は価格変動のリスクを最小限に抑える方法として考えられたもので、先物市場において事前に受け渡しをする価格と量、時期などの約束をしておくことをいいます。 近い将来の取引を事前に行っておくことで、需要と供給のバランスをあらかじめ把握しておくことができる面もあります。

リスク管理を徹底する

先物取引を行う際にはリスクについてもしっかり確認しておかなければいけません。 リスクがゼロの先物取引はあり得ないため、常に万が一の時を想定して行動することをおすすめします。 先物取引の専門用語として買いヘッジと売りヘッジがあります。 将来的には値上がりするかもしれないものを値上がり前の価格で購入することを約束している場合は買いヘッジを行うことになります。 例えば今後は値上がりすると予想したガソリンが現在の価格は130円だった場合(以降もリッターあたりの単価)、この値段で半年後も買うと先物取引で約束をします。 予想通り半年後には値上がりをして150円になった場合でも先物取引をしていたおかげにより130円で購入できたという結果が買いヘッジになります。 値上がりのリスクをあらかじめ予測していたおかげで、20円得をしたという結果になります。 値下がりするかもしれないと予測していたものを値下がり前の価格で売る約束を交わすのが売りヘッジになります。 先ほどのガソリンの場合、現在は130円でも近い将来には値下がりすると予想できるなら、消費者としては有り難い話でもガソリンスタンド側の意見としては値下がり前の値段で販売し続けるのが良いと思うのも当然です。 そこで半年後も値下がり前の130円で販売することを約束するのが売りヘッジです。 半年後には予想通り120円になっていたものの、あらかじめ130円で売ることを約束していたので今までどおりの130円で販売できるようになります。 このように買いヘッジと売りヘッジのタイミングをしっかり見極めながら、実際にどんな先物取引を実践するのかを考えてください。 先物取引なので売り買いのどちらも取引することができるため、リスク管理を徹底していれば決して難しい方法ではないと考えられます。
Read More