意外と知らない!投資信託とファンドの違いとは

投資信託とファンドには違いがある

投資信託のことを一般的に「ファンド」と呼ぶことがあります。 そのため投資信託とファンドを「呼び方が違うだけ」と考えている人は多いですが、実はこの2つは、意味が少し違います。 それぞれの言葉をきちんと理解しておくことで、より投資信託にしっかりと取り組むことができます。 そこでここでは、投資信託とファンドの違いについて解説します。 これを理解することで、あなたも投資の初心者から脱出することができるはずです。

投資信託とファンドは何が違うのか

投資信託とファンドの違いは、「ファンドは投資信託以外の商品を含めた言葉」ということです。 つまりファンドのほうが、より広い意味で用いられる言葉なのです。 投資信託は、行政による監督のもとで作られた金融商品です。 これに対してファンドはこうした金融商品も含めますが、他にもさまざまな金融商品を示すことがあります。 他の金融商品の例として、リミテッドパートナーシップや特定金外信託などが挙げられます。 ファンドはこの他にも、さまざまな金融商品を示すことがあります。 しっかり確認しておきましょう。 このように、両者を適切な言葉で使うように、気をつける必要があるのです。 最初は慣れないこともあるかもしれませんが、徐々に慣れるように気をつけてみてください。

投資信託とファンドの意味を、しっかり理解しよう

このように投資信託とファンドは、同じ言葉のように見えますが意味が少し異なります。 ファンドの方がより広い意味で使われるため、適切に使うように気をつけましょう。 もし「いつも間違えてしまう」という場合は、何度も意味を確認しながら言葉を使うと良いでしょう。 最近はスマートフォンなどで意味をすぐに確認できるため、このページを何度も見て意味を思い出すようにしてください。 そして何度も思い返して言葉を使っていると、自然に2つの言葉を使い分けることができるようになります。 特に初心者の場合、2つの意味を取り違えてしまいがちです。 しかし上記のように繰り返して思い出せば、きっと投資信託とファンドの意味を深く理解して使いこなすことができるようになります。 投資信託は初心者向けの金融商品ですが、投資についてはきちんと勉強しておかないと、失敗してしまう可能性があります。 そのため言葉の意味についても油断せずに、しっかりと把握しておきましょう。 正しい知識を学んで取り組めば、投資信託は初心者が購入するべき金融商品として、とても適しています。 運用をプロに任せることができるため、難しい相場の見極めなどをする必要がないのです。 ひとつひとつの用語を正しく理解することが、投資での成功につながります。
Read More

注目度UP!武蔵小杉のマンション価格が上がった理由

新たな都心部へのベッドタウンとして注目

一極集中による人口密集が問題となっている都内においては、新たに住宅地として開発されるベッドタウンも数多く見られます。 ここ最近で最も注目を受けている都市と言ってもよいのが武蔵小杉で、神奈川県川崎市中原区という東京都内ではない住所になるもののアクセス環境は非常によく現在も数多くの高層ビルが建築されています。 まず武蔵小杉駅の位置ですが、都内と神奈川県を隔てる多摩川を超えてすぐのところで川一本を超えたところがすぐ田園調布というロケーションです。 武蔵小杉駅に乗り入れをしている路線は東急東横線、東急目黒線をはじめ、横浜高速鉄道みなとみらい線、湘南新宿ライン、成田エクスプレスなど非常に多数に渡っています。 特に注目なのが新宿、渋谷、恵比寿などの山手線主流駅だけでなく、銀座や麻布十番、大手町といったビジネス街にも一本の電車で短時間アクセスができるという点です。 さらに成田エクスプレスやみなとみらい線などは空港や横浜方面にも直通となっているので、都内よりも神奈川よりで生活をしたいという人にとっては非常に魅力的です。

武蔵小杉の主な高層マンション

もともと武蔵小杉という街は工場の街川崎らしく大小の工場がひしめく地域として長く発展をしてきました。 しかし1990年代に入ったあたりから急激にそれら中小工場が閉鎖をしはじめ、工場跡地が駅周辺に数多く出るようになりました。 そこで川崎市が新たな街づくりとして都内からのアクセス環境を向上させることにより、住宅地として再編をするようになったのです。 ベッドタウンとして最初に開発されたのが現在も人気のある高層マンションである「ザ・コスギタワー」で、地上49階・地下2階というランドマークとも言えるような巨大な建造物です。 建築は2008年ですが高層階は今もかなりの高値で取引をされており、広々とした間取りにファミリー世帯の多くが入居をしています。 マンションだけでなく巨大商業施設も続々と作られており、駅前にあるグランツリー武蔵小杉は内部に100軒以上のテナントの入る商業施設として地元の人だけでなく都内や横浜市からのお客さんを集めています。 こうした巨大施設は続々と誕生しており、わずか数ヶ月ですっかり町並みの印象も変化をしているというのが現状です。 まだ開発半ばということもあり、同じ広さの間取りの部屋であっても都内で探すよりも割安で入れるということもまた便利な点です。 都内での高層マンションは湾岸沿いに人気がありますが、南海トラフ巨大地震の危険が伝えられる海沿いの脆弱な地盤の場所ではなく内陸の武蔵野台地にある武蔵小杉を選ぶ人も増えています。
Read More

投資マンションの落とし穴

不動産投資の活発化の裏ではびこる悪徳商法

株式市場のリスクが高まっている現代において、大きな注目を受けているのが不動産への投資です。 不動産投資は30~40代のうちにアパートやマンションなどの賃貸物件を購入をするという方法が一般的で、定年までにローンを返済していくことにより、定期収入がなくなったあとにも不労所得として金銭を得られることが魅力です。 確かに不動産投資は株式への投資やFX、先物取引のようなハイリスクさはなく、投資をすることによって自らの資産を別の形で保有することができるという大きなメリットがあります。 しかしあまりにも急激に不動産投資のメリットばかりが一般的に伝えられてしまったがために、しっかり理解しておくことが必要な知識を備えないまま市場に参入する人が増えてしまいました。 そうした知識不足な不動産投資希望者をターゲットにしているのが悪質な不動産会社です。 不動産会社の中には投資によるメリットばかりを極端に強調して無理やり契約をとり、会社の売上があがったあとには自己責任として投資者が損をしても知らん顔というようなところもあります。 不動産投資がいくらリスクが低いとはいっても、投資として行う以上は必ずリスクやデメリットはあります。 賢く不動産投資をしていくためには、その危険性をも十分に理解をして騙されないようにしていくという個人の勉強が欠かせません。

マンション投資の失敗例

実際にあったマンション投資の失敗例としてはまず「将来絶対に大きな資産になる」というセールストークに乗せられて、相場価格よりも高く新築マンションを購入してしまったということがあります。 最近はマンションやアパート物件をまるごと購入することができない人であっても手軽に始められる不動産投資としてワンルーム投資という方法がありますが、これは定期家賃が入るアパート・ビル経営よりも遥かに運営の難易度は高いです。 つまり1部屋のみのオーナーの場合、入居している人が退去をした場合、次の入居者が決まるまでは全く収入がない状態になってしまうからです。 最初から一部屋を即金で購入しているならばまだしも、ローンで購入した場合には家賃収入の減少はそのまま毎月のローン返済を赤字にすることになります。 この場合不動産会社は「1年間ずっと入居者がいる」という前提のもとローン返済のプランを最初に提示してきますので、空き室リスクを十分に理解しないまま契約をしてしまうのは非常に危険です。 最初の数年くらいは新築物件として人気がありひっきりなしに入居があったとしても、ローンを完済するまでには20年くらいがかかりますので、築年数20年の中古マンションにそうそう人が入り続けるということは考えられません。
Read More

10月が狙い目?株価と時期の関係

株式売買が活発化する時期がある

毎日の経済ニュースを見ていると、その日の日経平均株価やTOPIXの他にその日の出来高や売買代金も同時に発表されます。 株式用語として使用される「出来高」とは株の売買が成立した株数のことを指しており、「売買代金」とは株式市場で売買が成立した金額の総額のことです。 つまりこの出来高と売買代金が高い日や月というのは、それだけ多くの人が株式市場に参加をしたということになり、値上がりや値下がりが激しく動いたということを示します。 売買による利ざやを出す株式取引をするにはこうした値動きは非常に重要なポイントとなりますので、活発な取引をされる時期に自分も取引に参加をした方がよりチャンスが広がります。 一年を通じて最も株式市場が活発になるのはやはり決算の前後です。 日本企業の多くは3月期決算としているので、3~4月の決算が発表され業績予測が立つとそれをもとにして株式を売買しようという人が増えるのです。 決算期前後とは別に毎年10月前後の時期にもにわかに株式市場は活気づきます。 これは10月中旬が米国企業の決算発表直後となるため、米国株の上昇に連動して日本の関連株も上昇する傾向が見られるからです。 日本株は日本国内だけの市場動向によって株価が決まるのではなく、米国企業からも大きな影響を受けます。 米国の企業決算はその時のドル円の為替相場によってまた動向が変化をしてくるので、米国企業の業績がどちらに触れてもそれぞれの思惑が働き取引が活発になります。

10月4日は投資の日

取引が活発になる10月ですが、特に買っておくとのちに有利になるというジンクスがあります。 これは「Buy in October」と言われる投資に関する言い伝えで、10月に買った銘柄の成績は不思議とよくなるという統計上の不思議を示すものです。 日本においても10月4日は語呂合わせで「投資(10・4)の日」と言われており、なぜかこの日に買った銘柄は値上がりをすることが多いとして縁起担ぎに使用されています。 詳細な指標分析によって株価を予測しているタイプの人にとってはそんなおまじないのようなジンクスは非科学的で信用できないと怒られてしまいそうですが、統計上有利な数字が出ているということは無視できません。 気候観測の世界には「特異日(とくいび)」と呼ばれる理由はないのになぜか高い確率で特定の傾向が見られる日が存在していますが、この10月の株式についても同じようなものだと思ってもらえればよいかと思います。 全く関係ない話題ですが1月16日、3月14日、6月1日、11月3日が晴れの特異日とされています。 よく10月10日の体育の日は雨が降らないといった特異日のような言説が聞かれますが、統計上は10月10日が特別に晴れが多いというわけではありません。
Read More

株式投資の3大メリットとは

株式投資によって得られるメリット

現金で保有している資産を株式に投資をすることで得られるメリットは大きく3つあります。 それは「値上がり益」「配当」「株主優待」で、売却をするにしても長期保有をするにしてもその企業が大きく成長をしていくことにより銀行預金の金利よりも大幅な利益を得ることができます。 最初の「値上がり益」は必ずしも保証をされているわけではなく、購入をしたあとにその銘柄の企業が大きく業績を下げるなど株価が値下がりをしてしまった場合には逆に損失が出てしまいます。 しかし株価というのは常に変動をする水物であるので、購入後一旦下がった株価が時間をおくことで再び回復し値上がりすることもあるので、しばらく保有をしてその間配当を受け取るということもできます。 二番目の「配当」は法律に定められている株主権の一つで、株主として名簿に登録をされることにより決算後に配当が出ることが決定されればそれを持ち株数に応じて受け取ることができるというものです。 最後の「株主優待」は配当の少し変わったパターンで、金銭ではなく現物支給として品物やサービスを投資先の企業から受け取ることができます。 全ての企業が安定的に配当や株主優待をしているというわけではないのですが、業績の安定した企業に投資をしていくことで売却をするまでの間に十分に利益を受け取ることが可能です。

大株主となることで経営に参加ができる

日本においても株式相場はかなり昔から存在していましたが、一般の個人投資家の市場への参入は欧米諸国と比較してかなり遅れたものでした。 しかし利益を得るための株式売買という側面ばかりが強調されてきたことにより、本来的な株主の役割については後回しにされています。 ここ最近になって「物言う株主」として株主総会に参加をしてそこで経営陣に対して意見をする人も出てきましたが、ほとんどの個人投資家はそもそも株主総会に足を運んだことがありません。 法律で認められている株主の権利である「株主権」は、大きく4つあります。 それは、「配当をもらう権利」「株主総会に出席する権利」「会社が解散したときに財産の分配を受ける権利」「株式分割を受ける権利」です。 最初の配当をもらう権利はよく知られているところですが、二番目の株主総会への参加や会社が解散した時の分配についてはあまり詳しく知らないという人がほとんどです。 もっとも株主総会での決定や解散時の分配は全ての株主が平等にある権利というわけではありません。 株式は持ち株数に応じて権利が拡大するという大きな特長があり、発行されている株式をより多く保有する大株主になるほど経営陣への意見や配当金の受取割合が高くなります。
Read More