「ファンド・オブ・ファンズ」ってなに?

ファンド・オブ・ファンズについて理解しよう

投資信託ではさまざまな用語が登場します。 こうした言葉の中で、ぜひ理解しておきたい言葉として「ファンド・オブ・ファンズ」というものがあります。 これは最近注目されるようになってきた、新しい投資信託関連の用語です。 投資信託は初心者向けの投資商品であることから、銀行や郵便局など、身近なところで購入できるようになっています。 そしてこれに合わせて投資信託の種類も、初心者向けのものが増えてきています。 こうした流れの中で登場したのが「ファンド・オブ・ファンズ」で、「投資信託の中に、さらに他の複数の投資信託を組み入れる金融商品」を指します。 投資信託のことを「ファンド」といいます。 ファンド・オブ・ファンズは「ファンドの中のファンド」であり、つまり「投資信託の中に投資信託を組み入れること」なのです。

分散投資ができることが、大きなメリット

投資信託によって、組み入れることができる金融商品は異なります。 例として、日本企業の株式や債券を中心に組み入れることができる投資信託があります。 また、「エコ」など、特定のテーマに関連する企業の株式を組み入れることができる商品もあります。 さらに海外企業の株式や債券を中心に組み入れることができるものもあります。 例えば日本企業の株式が中心の投資信託を購入した場合、日本の景気が悪くなり、企業全体の株価が下がってしまったら損をしてしまいやすいです。 また、「エコ」などのテーマの投資信託も、そのテーマが注目されているうちは良いですが、注目されなくなると途端に値下がりしてしまう可能性があります。 つまり集中的に投資をするのは、リスクがあるのです。 その点ファンド・オブ・ファンズは、投資信託の中にさまざまな投資信託を組み入れることができます。 そのためより「分散投資」をしやすく、リスクを回避できるのです。 ファンド・オブ・ファンズの中に「日本企業の株式で構成された投資信託」と「海外企業の株式が中心の投資信託」が入っていれば、どちらか一方が値下がっても、もう一方が値上がりする可能性が高いです。 投資信託はもともと初心者に利用しやすい商品ですが、ファンド・オブ・ファンズはさらに初心者向けなのです。 ただ、ファンド・オブ・ファンズは費用が高くなりやすいため、注意が必要です。 また、ファンド・オブ・ファンズは購入する際の手数料なども高くなりやすいため、気をつける必要があります。

しっかり確認すれば、良い商品

ファンド・オブ・ファンズには、以上のような特徴があります。 しっかりと理解して、資産形成に役立ててください。 内容を把握して購入すれば、ファンド・オブ・ファンズは良い投資商品といえます。
Read More

投資先の状況を確認!「運用報告書」の役割と見るべきポイント

投資信託の運用報告書とは何か

投資信託では、株や債券などの運用をプロである「ファンドマネージャー」という人に任せることができます。 ただ、完全に任せきりにすると、不安に感じることもあるはずです。 投資のプロとはいえ、運用に失敗してしまうことはあります。 そのため「ファンドマネージャーに運用を任せて投資信託を放置していたら、資産が減ってしまっていた」ということが起こる可能性もあるのです。 そこで、ファンドマネージャーがどのように運用を行なっているのか、確認できる体制を整えておくと安心です。 その手段となるのが、「運用報告書を確認すること」です。 ファンドマネージャーは「投資信託を運用することで、どのような成績を上げたのか」について、報告書を作成しています。 これによって投資信託の運用が上手くいっているのかを把握することができ、今後も投資するべきなのかを判断することができます。 運用報告書については、しっかりと理解しておく必要があります。 そこでここでは、投資信託の運用報告書について紹介します。

運用報告書の特徴など

運用報告書は基本的に、一定期間ごとに訪れる決算期に作成されます。 決算期は年に1~2度あることが多く、そのたびに運用報告書が作成されます。 決算のタイミングは投資の運用成績を測るためにちょうど良いタイミングであるため、運用報告書は決算期に作成されるのです。 ただし投資信託はさまざまな種類があり、運用報告書が実際に作成・発行される時期は、投資信託ごとで異なります。 保有している投資信託、もしくはこれから購入しようと考えている投資信託の運用報告書がいつ出るのかは、確認しておくと良いでしょう。 運用報告書の入手方法は、待っていれば送られてきます。 投資信託は、銀行や証券会社などの「販売会社」を通じて購入します。 運用報告書も販売会社があなたの自宅へ送ってくれるため、届いたら確認しましょう。 また、運用報告書はしっかりと保管しておくことをおすすめします。 また、最近は投資信託を運用する会社のホームページでも確認できるようになっています。 PCなどが自宅にある場合は、インターネットでチェックするのもおすすめです。 運用報告書で確認するべき点は、「運用の結果、どれくらいの利益が出ているか」「今後、投資信託をどう運用するのか」についての部分です。 他の項目も大切ですが、まずはこれらを確認すると良いでしょう。

運用報告書を、しっかり確認しよう

このように運用報告書は、投資信託を活用する上でとても大切な資料です。 運用報告書を読み解くことで、その投資信託が良い商品かどうかを判断することができます。 しっかりと確認して、今後の資産形成に役立てましょう。
Read More

必ず読みましょう!「投資信託説明書」の役割と記載事項の内容

投資信託の説明書を必ず確認するべき

投資信託を購入するときには、「投資信託説明書」という冊子を受け取ります。 これにあまり目を通さずに投資信託を保有する人がいますが、必ず確認しておきましょう。 投資信託説明書には大切な内容が書かれており、ひと通り読むことで注意点をしっかりと理解することができます。 投資信託説明書に記載されている内容はたくさんあり、人によっては難しく感じたり、読むのに疲れたりすることがあります。 しかし最初から最後まで目を通すだけでも、投資信託についてかなり学ぶことができます。 そのため勉強するつもりで確認すると、しっかりと読み切ることができるはずです。 また、投資信託説明書はその名称の通り、投資信託のマニュアル的な側面をもっています。 分からないことが出てきたらすぐに取り出せるよう、自宅で大切に保管しておきましょう。 投資信託説明書は「投資信託の購入前」や、「購入する日」に受け取ることができます。 投資信託を購入するには、「販売会社」という会社へ出向きます。 投資信託説明書も販売会社の担当者が手渡してくれます。

投資信託説明書のチェックポイント

投資信託説明書には、さまざまな内容が書かれています。 ただ、どの説明書にも、最初は投資信託の基本的な内容が記載されています。 特に初心者の場合、投資信託について分からないことがたくさんあるはずです。 そのためまずは冒頭の部分で、投資信託についての基礎を学びましょう。 これだけでもかなり勉強になるはずです。 こうした基本的な内容に続いて、説明書ではそれぞれの投資信託の解説がなされています。 まずは「購入した投資信託の特徴」が書かれています。 その投資信託がどのような特徴をもっているのかを理解しておくことで、より資産形成に活用しやすくなります。 さらに特徴に続いて、「その投資信託が、どのような仕組みになっているのか」も説明があります。 これもしっかりと確認しておくと良いです。 仕組みの分からない金融商品に、いつまでも投資し続けることはできません。 「本当にこの投資信託は大丈夫なのか」と感じてしまい、途中で解約してしまいやすいのです。 そのため必ず、仕組みについても確認しておきましょう。 また、「投資信託のリスク」についても説明が書かれています。 投資信託を含めて金融商品には、お金を失うリスクがあります。 このリスクについても詳しく説明されているため、きちんと読んでおきましょう。

投資信託説明書を読み、投資信託を正しく活用しよう

投資信託説明書は、投資信託を購入する上でとても大切な冊子です。 しっかりと確認して、今後の資産運用に役立ててください。 投資信託説明書は無料で受け取ることができます。
Read More

投資信託における分配金ってなに?

投資信託には分配金が出る

投資信託で資産を運用する上で、最近注目されているのが「分配金」というものです。 投資信託を保有していると、分配金としてお金を受け取ることができるのです。 これは投資信託におけるメリットであるため、これから投資信託を始める人は検討する材料のひとつとなります。 ただ、分配金について、どのようなものなのかや仕組みを理解している人は少ないです。 そこでここでは、投資信託における分配金について紹介します。 分配金にはメリットもデメリットもあるため、しっかりと理解する必要があります。

分配金の仕組みやメリット・デメリット

まずは分配金の仕組みについてです。 投資信託を運用すると、利益が出ます。 投資信託はファンドマネージャーという投資のプロが運用しており、運用によって生じた利益はその投資信託を購入している投資家へ分配されます。 これが、投資信託における分配金の仕組みです。 運用によって得られた利益が、購入者へ還元されているのです。 分配金を受け取ることによるメリットは、「定期的にお金を得ることができる」という点です。 投資では基本的に、金融商品を売却したときに利益を得られます。 しかし逆にいうと、「売却するまで利益を得ることはできない」ということです。 しかし分配金を受け取る場合は、定期的に収入を得ることができます。 特に老後の生活費として投資信託での運用を考える場合、分配金を受け取れると生活費に充てることができるため、とても助かるはずです。 ただ、分配金を得ることにはデメリットもあります。 それは、「元手を増やしにくくなる」という点です。 基本的に投資では、元本が大きくなるほど利息も大きくなります。 利益を分配金として受け取る場合、そのお金は投資に回されず、「消費」に充てることになります。 老後の生活費を投資信託の運用によって作ろうと考えている場合は、分配金を受け取らずに再投資へ回すほうが良いといえます。 このほうが元手を増やすことができ、複利によってお金が増えやすくなります。 多くの人は「分配金を受け取れると、毎月収入が入ってくるから嬉しい」と考えてしまいやすいです。 しかし再投資へ回すべきか、消費に使っても良いかは、しっかりと検討する必要があります。

分配金について、しっかり理解しよう

このように投資信託の分配金は、仕組みとメリット・デメリットをきちんと理解しておくことが大切です。 あまり理解せずに分配金を受け取っていると、資産はなかなか増えません。 分配金を得るほうが良いか、投資に回すべきかは、人によって異なります。 家庭内でもよく相談して、決めることをおすすめします。 ただ、分配金の仕組みがあることで、投資家の選択肢は増えます。 これは非常に良いことといえます。
Read More

投資信託のベンチマークって何?代表的なベンチマークについてもご紹介!

投資信託で重要なベンチマーク

投資信託を行う上で大切な用語として、「ベンチマーク」という言葉があります。 これは投資信託の販売資料などを見ているとよく目にする言葉で、特に初心者は分からないことが多いです。 しかしベンチマークは投資信託で資産運用を行う上で、必ず理解しておくべき言葉といえます。 最初は難しく感じるかもしれませんが、じっくりと知れば誰でも理解することができます。 そこでここでは、投資信託におけるベンチマークについて紹介します。 勉強をして、さらに投資信託で資産を増やせるように頑張りましょう。

ベンチマークとはどのようなものなのか

ベンチマークとは「投資信託の運用において、目安となる指数」を指します。 ベンチマークを確認することで、「その投資信託がどのような傾向をもっているのか」を知ることができます。 ベンチマークをチェックすると、その投資信託が前年と比較してどのくらい相場が上がったのか、下がったのかを知ることができます。 このようにして投資信託の「運用成績」を知ることができ、今後の投資に役立てることができます。 ここで多くの人が間違えてしまいやすい用語として、「インデックス」があります。 インデックスもベンチマークと似た言葉として使われてしまいやすいですが、これらは異なる言葉です。 インデックスは「指数」を指し、ベンチマークは「判断基準」を意味します。 これらは混同してしまいやすいため、十分気をつけてください。 また、ベンチマークと関係することが多いことに、「運用スタイル」が挙げられます。 ベンチマークを常に上回るように運用することを「アクティブ運用」、ベンチマークと連動するように運用することを「インデックス運用」といいます。 初心者には、リスクの小さいインデックス運用のほうが向いています。 さらに、代表的なインデックスとして、「TOPIX(東証株価指数)」や「日経平均株価」が挙げられます。 「代表的なベンチマーク」という表現はあまり使いませんが、タイトルでは分かりやすさを重視して使わせていただいています。 ただ、投資信託を含めて、投資では用語の理解がとても大切です。 そのため用語は、きちんと使うように注意するべきです。

ベンチマークについて正しく理解しよう

ここでは、投資信託で資産を運用するときによく出てくる「ベンチマーク」について紹介しました。 ベンチマークについて理解できると、投資信託をよりしっかりと投資手段として活用できるようになります。 逆にあやふやな理解のままで運用を続けていると、ふとしたときに失敗してしまうことにもなりかねません。 このページを読んだことを機会として、ぜひベンチマークについてしっかりと理解するようにしてください。
Read More