投資信託のしくみ

投資の専門家による運用

少額からでも投資に参加できるとして注目されている投資信託は、幅広い年齢層から支持されていますが、投資信託のしくみがよくわからなくて不安を感じているという方もいます。 基本的な事として、自分が投資をして運用するのではなく、投資の専門家に投資したお金を運用してもらうというざっくりとした流れは把握していても、そのしくみについてはあまり知らないという人も多いです。 投資信託のしくみをしっかり把握し、どのような流れで投資家に利益を出してくれるのかを確認してみましょう。 参考:投資信託の特徴

いくつかの「投資専門家」が存在します

投資信託に関わっているのは一つの投資会社だけではありません。 それぞれの役割に応じて3つの会社が関わることになります。 直接投資家と関わることになるのが販売会社です。 販売会社に該当するのは各銀行、証券会社といった投資信託の販売窓口です。 たくさんの販売会社が存在している中で投資信託の種類や購入時の手数料などが異なる場合があり、対応の仕方も異なるものです。 直接投資家と関わることになるため、信頼できる会社を選ぶことが大切です。 ちなみに、取り扱い数の多さと手数料の安さでメリットが大きいのはネットの証券会社だと言われています。 販売会社が投資家から預かった申込金は受託会社である信託銀行に回されます。 投資家から投資されたお金を使って売買したり運用するなどの管理を任されることになります。 なお、販売会社は自己の判断で運用するものではなく、運用会社から指示を受けなければいけません。 受託会社と運用会社が分かれているのが大きな特徴で、2つの会社が独立していることによって投資家から預かったお金を大事に運用することが実現しているのです。 このように3つの会社が関連することで、投資されたお金を上手に運用して投資家に利益を還元させるという取り組みを行っています。

投資信託の選び方

販売会社によって異なる投資信託を取り扱っていますが、それぞれ特徴が異なるため何を選ぶべきか迷うものです。 まずチェックしておきたいのが手数料で、運用している期間に必要になるものなので手数料が高ければ高いほど運用コストが高くなるという結果になります。 また、投資先によってはリスクとリターンのバランスが異なるため、何が一番良いのかを考えなければいけません。 投資のプロが運用すると言っても、必ず成功できるとは限らないので一概に何が良いとは言えません。 初心者はリスクが少ないものを選ぶべきなので、債券や不動産などをメインに選ぶと良いでしょう。 最後にまとめて購入するのではなく分散させて購入することも重要です。 投資信託は少額からでも始められるので、リスク管理を徹底させるという意味でもいくつかの投資信託を選択することをおすすめします。
Read More

シストレで勝つために最も重要なこと

FXで勝っている人も活用している

あまり知識を持っていないような素人が外貨投資を行うのはリスクが高いと言われていますが、実際にあまり知識を持っていない人でも成功しているのはなぜだろうかと疑問に感じる方も多いはずです。 成功している方の多くが活用しているのがシステムトレード略してシストレと呼ばれているもので、あらかじめ決められたルールに則って機械的にトレードを行う方法になります。 自分でここだ!と判断したタイミングで取引を行うのが裁量トレードと呼ばれていますが、裁量トレードはあまり初心者向きではないと言われています。 本当にこのタイミングで良いのだろうか、もし失敗したら大きな損害を被ってしまうのが怖い…などとビクビクしながら取引をするのはリスクが大きいです。 もし勘が当たって良い結果が出ても、また次に同じような良い結果が出るとは限らないからです。 むしろ欲が出てしまい、大きな賭けにでて大失敗をする可能性が高くなります。 裁量トレードで良い結果を出しているのは、しっかり勉強を重ねて豊富な知識を持って経験を重ねた人だからこそ成し得る実力なのです。 あまり知識を持っていない人がFXで勝つためには、効率良く勝てる要素をしっかり分析した結果導き出された内容に基づき取引を行うシストレが最適だと言われています。 投資のプロが導き出したルールに基づいて取引が行われるため、勝つ可能性が高いと言われています。 特に普段は本業をしている方が副業としてFXに挑戦したいという時にはシストレが最適だと考えられます。

リスク管理を徹底する

シストレで勝つために最も重要なことはリスク管理を徹底させることです。 シストレなら最適なルールで自動的に取引できるので、自分は何も手を出さなくて良いと考えている方もいますが、完全に放置したまま全てをシステム任せにしてはいけません。 仮にシストレが完璧な取引を実現できるなら、全ての投資家が利用しているはずですが、実際のところはそうではありません。 シストレの弱点を知っているからこそ、利用していない人も多いのです。 シストレは完全にリスクがないものではなく、リスクが存在している事実も知っておきましょう。 完全に自動化させるのはNGで、手動で行うことも必要になると考えて下さい。 基本的に優秀なEAやストラテジーは限定されるもので全てに共通するものではないこと、万能で永遠の効果を発揮するものではないことなどを考慮してください。 調子が良いのでこのまま同じEA、ストラテジーで使い続けても良いというものではなく、途中で軌道修正が必要な時には変更することも必要になります。 その判断が非常に難しいところで、素人では判断しきれない部分も多いです。
Read More

女性脳に学ぶ、投資・ビジネスの必勝法則とは

男性と女性の考え方は違うもの

物事を考える時に男性と女性ではかなり違いが生じるという事実をご存知でしょうか? 投資に関しても男性と女性では考え方の違いが顕著に見られると言われています。 確実に男性と女性によって違いが生じるとは言い切れませんが、どちらかと言えば男性は目的を持って購入することが多く、女性は感覚で経緯を楽しみながら購入するものだと言われています。 一般的には男性脳は一つのことに集中する傾向があり、コレ!と決めたらコレクションをしたくなると言われています。 理屈っぽくて人の話をあまり聞かずに自分の意見を押し通し、大きな夢ばかり抱く傾向があるそうです。 女性脳は一つのことに集中するよりも複数のことをまとめてこなすのが得意で、感情的に動くものの割り切りが早くて困った時にはすぐに人へ相談して解決策を探ろうとします。 目の前にある現実に関心を持ち、小さな変化も見逃さないという特徴があります。 このように男性脳と女性脳はかなり違いがあることがわかりますが、女性脳の特徴を活かすことで投資やビジネスの必勝法則を得ることができます。 恐らく、男性にとってはいきなり考え方を変えなければいけないため難しいかもしれませんが、ぜひ投資やビジネスを成功させるためにも参考にしてください。 参考:“女性脳的な投資”のススメ

女性脳の成功事例

投資に成功している方の話を聞いてみると圧倒的に女性が成功している事例が多いと言われているのがFXです。 FXで成功している女性は、男性の3倍も稼いでいると言われていることから、かなり大きな実績を残していることが多いとわかります。 主婦がFXで稼いだ結果、ご主人の年収をあっさりと抜かしてしまったという話はあながち嘘ではないのです。 FXで女性が成果を出しやすいのは、女性特有の考え方にマッチしているからだと言われています。 女性は少しずつお金を貯めようとする意識が働くため、FXで得る利益も少額からで良いと考えるのに対して、男性の場合は最初から一発逆転を狙おうという意識が働きます。 確かにFXは当たると大きな利益を得られる博打のような投資法なので、レバレッジを活用することで一発逆転を狙う事も十分可能です。 しかし、それだけ大きなリスクを負うことも忘れてはいけません。 女性の場合は少しずつFXのやり方に慣れながら着実に利益を重ねていきます。 やるからには失敗をしたくないので、確実に勝てる方法で慎重に取引を重ねることから成功しやすいと考えられます。 FXだけに集中するのではなく、他にも色々なことをこなしながらFXに取り組むため、一日中チャートを確認しながら判断するよりも、全体的な流れを見て判断できるスキルを身に着けることができるため大きな失敗をすることが少ないと言われています。 このような女性脳特有の考え方が成功を掴むコツだと言えます。
Read More

不動産投資の必勝法!

絶対に勝ち抜くためのポイント

あまり失敗するリスクが少ないと言われている不動産投資ですが、不動産投資をしている方の全てが失敗をしていないとは限りません。 何も考えずに物件を購入し続けても、成功するポイントを抑えていなければ失敗の連続になるでしょう。 不動産は購入資金も高額なので、失敗した時の損害額はかなり大きくなります。 利益を得て資産形成をするどころか、不動産も残らずにマイナスの負債を抱え込んでしまうことも考えられるのです。 このような事態に陥らないためにも、不動産投資の必勝法として抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

街の状況を把握する

不動産投資はどの地域でも成功するものではありません。 最も成功しやすいと言われているのは東京や横浜など人口がどんどん増えている地域で、逆に人口が減少し続けているような地域では不動産投資は成功しません。 投資はあくまでもこれから成長すると期待できるモノに対して大事な資産であるお金を投じるものです。 成長する見込みがないモノに対して投資をするということは、お金を捨てているようなものだと考えてください。 人口が減っているということは、せっかく購入した物件に入居してくれる人がいなくなる可能性が高いということなので、収益性が見込めないと考えられます。 物件がとても素晴らしくて自分も住んでみたいと思えるほどだったので即購入を決断したものの、なかなか入居者が現れないというケースもあります。 街の状況をよく確認しないまま物件を購入するとこのような事態に陥りやすいのですが、何に原因があったのかと考えてみると周辺環境があまりにも悪かったことが原因になっている場合があります。 すぐ近くに大きな工場があって排気ガスが常に排出されているような場所だったり、近くに住んでいる人の家がゴミ屋敷だったりと住環境の悪さにより空き室が発生しやすい原因になりかねません。 あらかじめ街の状況をよく確認し、利便性や快適性を重視して物件探しをしてください。

無理のない物件から購入する

不動産投資は楽で儲かる!と考えている方もいるようですが、決してそんなことはないです。 どんな物件でも賃貸物件にしたら良いと考える方もいますが、そもそも入居者がいなければ成り立たない話になります。 新築物件でなければ入居者がいないだろうと思い込み、住宅ローンを組んで物件を購入したものの、思っていたほどの利回りを得られずにローン返済が厳しいと嘆く人もいます。 このような失敗をしないためにも、無理のない物件から検討することをおすすめします。 初心者に始めやすい物件としておすすめされるのはワンルームの区分所有です。 ある程度手頃な価格で入手でき、需要も多いことから効率よく収益が期待できます。
Read More

不動産投資、42.7%が「年金の代わり」

老後の備えとして考える人が多い

日本の将来は一体どうなってしまうのだろうか?と不安を感じさせる原因になっているのが年金問題です。 高齢者を支えるべき若い世代が少ないこと、年金不払いする人が後を絶たないこと、年金を受け取る年齢が先延ばしされる傾向にあることなど様々な要因が重なって年金に対する不信感が広がっています。 このような状況から、老後は年金だけに頼る生活では不安を感じ、自分で何とかして老後の備えをしておかなければいけないという考え方が定着しています。 老後の備えとして最適だと注目されているのが不動産投資です。 実際に不動産投資をしている人のうち42.7%が年金の代わりとして不動産投資を始めたと回答しています。 将来に不安を感じているからこそ、安定した収入が期待できる不動産投資が着目されています。

リスクに対する意識

不動産投資は安定収入が期待できると言われているのは、リスクに対する考え方によるものです。 様々な投資商品の中でも株式投資や外貨投資などはリスクが高いとされています。 不動産投資についても投資金額が高額になる場合が多いためリスクが高めだと言えますが、余程のことがない限りは失敗のリスクは少ない方だと言われておりミドルまたはロークラスのリスクだと考えている人が多いです。 では実際のところ本当にリスクが少ないものなのかというと、一昔前ほどではないもののリスクの可能性はゼロではないことがわかります。 バブルが崩壊した時には不動産投資を行っていた人の中で大失敗をして後悔をする人が続出しました。 当時は物件を安く買って高く売るというキャピタルゲイン目的の不動産投資が中心だったため、バブル期のピーク時にはこの恩恵を受けてかなり設けていた方も多かったですが、バブル崩壊と共に物件価格が急下落したため大損害を被った人が続出したのです。 そのため当時の出来事を知っている人達は不動産投資なんてリスクが高い投資をするなんてとんでもないと考えるのも当然です。 現在は購入した物件を賃貸することで家賃収入を得て長い期間をかけて利益を得るインカムゲイン目的の投資が一般的です。 老後の収入が少なくなった時に家賃収入として毎月安定した収入があれば安心できると考えることができるため、年金代わりに不動産投資を始める方が多いのです。 しかし、空き室が発生した時や今後不動産市場が変化した時のリスクを全く考えないわけにはいきません。 空き室が生じた場合には素早く次の入居者を探さなければいけませんし、不動産市場の動向にも注目しなければいけません。 これらのリスクに対する対策も十分に練っておかなければ、年金の代わりとして機能させることが難しくなるので十分ご注意ください。
Read More