投資信託のベンチマークって何?代表的なベンチマークについてもご紹介!

投資信託で重要なベンチマーク

投資信託を行う上で大切な用語として、「ベンチマーク」という言葉があります。 これは投資信託の販売資料などを見ているとよく目にする言葉で、特に初心者は分からないことが多いです。 しかしベンチマークは投資信託で資産運用を行う上で、必ず理解しておくべき言葉といえます。 最初は難しく感じるかもしれませんが、じっくりと知れば誰でも理解することができます。 そこでここでは、投資信託におけるベンチマークについて紹介します。 勉強をして、さらに投資信託で資産を増やせるように頑張りましょう。

ベンチマークとはどのようなものなのか

ベンチマークとは「投資信託の運用において、目安となる指数」を指します。 ベンチマークを確認することで、「その投資信託がどのような傾向をもっているのか」を知ることができます。 ベンチマークをチェックすると、その投資信託が前年と比較してどのくらい相場が上がったのか、下がったのかを知ることができます。 このようにして投資信託の「運用成績」を知ることができ、今後の投資に役立てることができます。 ここで多くの人が間違えてしまいやすい用語として、「インデックス」があります。 インデックスもベンチマークと似た言葉として使われてしまいやすいですが、これらは異なる言葉です。 インデックスは「指数」を指し、ベンチマークは「判断基準」を意味します。 これらは混同してしまいやすいため、十分気をつけてください。 また、ベンチマークと関係することが多いことに、「運用スタイル」が挙げられます。 ベンチマークを常に上回るように運用することを「アクティブ運用」、ベンチマークと連動するように運用することを「インデックス運用」といいます。 初心者には、リスクの小さいインデックス運用のほうが向いています。 さらに、代表的なインデックスとして、「TOPIX(東証株価指数)」や「日経平均株価」が挙げられます。 「代表的なベンチマーク」という表現はあまり使いませんが、タイトルでは分かりやすさを重視して使わせていただいています。 ただ、投資信託を含めて、投資では用語の理解がとても大切です。 そのため用語は、きちんと使うように注意するべきです。

ベンチマークについて正しく理解しよう

ここでは、投資信託で資産を運用するときによく出てくる「ベンチマーク」について紹介しました。 ベンチマークについて理解できると、投資信託をよりしっかりと投資手段として活用できるようになります。 逆にあやふやな理解のままで運用を続けていると、ふとしたときに失敗してしまうことにもなりかねません。 このページを読んだことを機会として、ぜひベンチマークについてしっかりと理解するようにしてください。
Read More

投資信託のリスクを4つに分けて解説します!

投資信託のリスクを理解しよう

投資をする上で必ずつきまとうのが「リスク」です。 投資はリスクがあることで、資金が減ってしまう可能性があります。 ただ、リスクはきちんと理解することで、ある程度は回避することができます。 つまり投資は勉強すればするほど、リターンを得やすくなるのです。 株式投資やFXなど、投資にはさまざまな種類があります。 そしてそれぞれの投資手法において、どのようなリスクがあるかは異なります。 そこでここでは、投資信託のリスクを紹介します。 投資信託のリスクは大きく分けて4つあり、どれもしっかりと理解して避ける必要があります。

投資信託における4つのリスク

投資信託における4つのリスクのひとつ目は、「価格変動リスク」というものです。 投資信託には株式や債券などを組み入れて運用します。 自分の投資信託に加えている株式などは常に値動きをしており、価格が上がることもあれば下がることもあります。 そのため、資金が減ってしまう可能性があるのです。 投資信託では、投資のプロが運用を行ってくれます。 ただ、常に組み入れている株式などの値動きに意識を向けておくことは大切です。 次のリスクは、「金利変動リスク」です。 投資信託には債券を組み入れることもありますが、市場の金利が変動することによって、債券の価格が変わります。 金利が下がるほど債券の価格も下がってしまいます。 債券を投資信託に組み入れる場合には、金利に十分注意しておく必要があります。 3つ目のリスクは、「為替変動リスク」です。 投資信託には、海外企業の株式や債券などを組み入れる場合もあります。 この場合、為替の変動によって投資信託も影響を受けることになります。 海外企業の株式などを組み入れる場合には、気をつけておきましょう。 最後の4つ目は、「債務支払不能リスク」というものです。 これも債券を組み入れている場合に気にする必要があるもので、債券の発行元が支払いをできなくなってしまうリスクです。 債券は国や企業が資金を借りるために発行するものであるため、場合によってはお金を返せなくなってしまうケースがあるのです。 このようなリスクを避けるために、「各付け」をしっかり確認することは大切です。

4つのリスクをしっかりと把握しよう

このように投資では、4つの気をつけるべきリスクがあります。 それぞれがとても大切なため、しっかりと理解しておくことをおすすめします。 投資において、リスクは絶対に勉強するべきものです。 上記4つについては今後も勉強を続けて、よりリスクを回避できる確率を高めていくと良いでしょう。 また、投資信託を購入するときには、「説明書」が提供されます。 投資信託を購入するときにはしっかり確認して、リスク回避に役立てましょう。
Read More

投資信託と預金、株・債券の違いは?

投資信託と他の金融商品の違い

投資を始める場合、投資信託以外にもさまざまな手段を検討する人は多いです。 株や債券などを利用しようと考える人は多く、人によっては預金で資産形成をしようと思う人もいるかもしれません。 こうした手段と比べて投資信託の何が良いのかについて、あまり理解していない人は多いです。 違いをしっかり把握しておくことで、より良い投資を行うことができます。 そこでここでは、投資信託と預金、株、債券の違いについて紹介します。 それぞれについて理解することで、自分に合った投資商品を選べるようになります。

投資信託と預金、株、債券の違いを解説

まずは株から説明します。 株は企業などが発行しているもので、投資家からお金を集めるためのものです。 企業が新しい商品やサービスを作るためには、資金が必要です。 企業は自分たちが出す利益だけでは大きな資金を用意できないことがあり、株式を発行して資金を調達するのです。 次に債券についてですが、債券も株式と同じように、資金調達を目的として発行されます。 ただ、債券は「お金を借りるために発行するもの」という意味合いが強く、期限がくると債券を発行した企業や国、地方公共団体などは資金を返す必要があります。 株式の場合、相場が値上がりすると、その分だけ投資家は得をすることになります。 これに対して債券の場合、相場はありません。 ただ、債券は「企業や国にお金を貸す」ことにあたるため、お金を貸したときに発生する「利息」を得ることができます。 これが債券を購入する意味といえます。 次に預金ですが、預金は「銀行などの金融機関へお金を預けておくこと」を指します。 たくさんのお金を自宅に保管しておくと、もしも盗難に遭ったときに全てのお金が持っていかれてしまうことになります。 そのため銀行へ預けておくことで、お金を守ることができます。 また、銀行は「預金金利」を設けており、預金しておくだけでも利息を得ることができます。 ただ、現在の預金金利は非常に低いため、預金だけでお金を増やすことはできません。 最後に投資信託についてですが、投資信託は「さまざまな企業の株や債券などをまとめて購入し、プロに運用してもらえるもの」です。 投資を始める初心者にとって、「どの企業に投資すれば良いか」や「どのように運用すれば良いか」を身につけることは大変です。 しかし投資信託なら、銘柄選びや運用をプロに依頼することができます。 そのため簡単に投資を始めることができるのです。

自分に合った金融商品を活用しよう

このように金融商品には、さまざまな種類があります。 投資信託や株、債券、預金の違いを知り、自分に合った金融商品を活用しましょう。
Read More

投資信託の「運用スタイル」について学ぼう!

投資信託の運用について

投資信託では、「運用スタイル」に気をつける必要があります。 投資信託では通常、投資家が資産の運用をする必要はありません。 投資信託を購入すると、「ファンドマネージャー」というプロが運用を担当してくれます。 また、ファンドマネージャーはさまざまな企業についての分析データを元に運用を行います。 この分析を行う人を「アナリスト」と呼びます。 基本的にはこれらの人が投資信託の運用を進めてくれるため、あなたは何もする必要がありません。 しかし「運用のスタイル」については、最初に希望を決めておく必要があります。 運用のスタイルとは、「どのような方針で、投資信託を運用するのか」ということです。 投資信託の運用スタイルは大きく分けて2種類あり、「インデックス運用」と「アクティブ運用」というものがあります。 これらを理解しておくことで、より投資信託をしっかりと活用できるようになります。 そこでここでは、投資信託の運用スタイルについて紹介します。 ぜひ参考にして、自分に合った運用スタイルで投資信託を活用しましょう。

インデックス運用とアクティブ運用

市場は常に値動きしており、相場が変わっています。 インデックス運用は、「常に相場の値動きに合わせるような運用スタイル」を指します。 インデックス運用は「安全な投資スタイル」で、大きなリターンを得にくいかわりに、リスクは小さい傾向にあります。 そのため長期的な投資に向いており、毎年少しずつ資産を増やしていき、最終的に大きな資産を形成するために効果的です。 これに対してアクティブ運用は、「市場の値動きを上回るような運用スタイル」を指します。 アクティブは「積極的」という意味をもつ言葉ですが、アクティブ運用まさに投資信託を積極的に運用するスタイルなのです。 市場の値動きを常に上回るように運用すると、それだけ大きなリターンを見込むことができます。 ただしその分、相場が大きく値下がりしたときにはリスクが大きくなってしまいます。 投資信託はプロに運用を任せるといっても、資産が増えることを保証してくれるわけではありません。 アクティブ運用は大きなリターンを得られる可能性があるかわりに、リスクもあることを理解しておく必要があります。 初心者の場合、まずはインデックス運用を活用して投資信託に慣れて、そこからアクティブ運用に切り替えると良いでしょう。 そうすれば、比較的スムーズに運用を進めることができます。

両方の運用スタイルを理解して、使い分けよう

このように、投資信託の運用スタイルには大きく分けて2つの種類があり、インデックス運用とアクティブ運用があります。 両方を理解して、きちんと使い分けましょう。
Read More

投資信託にかかる費用ってどんなものがあるの?

投資信託を保有するには費用がかかる

投資信託で投資を始めるときに、「投資信託を購入すれば、あとは何も費用はかからない」と考える人がいます。 しかし実際のところ、投資信託には「手数料」という費用がかかります。 投資信託でかかるコストのことは通常、「手数料」といいます。 あまり投資のことを理解していない人の場合、「費用」などの言葉を使ってしまいがちです。 このページのタイトルでも費用という言葉を使っていますが、これは初心者の方向けに解説しているためです。 投資信託のコストは「手数料」という呼び方をすることは、覚えておくと良いでしょう。 そして投資信託にかかる手数料は、大きく分けて3種類あります。 これらを理解しておくことで、投資信託を安全に購入することができます。 ここではこれら3つの手数料について、解説します。

投資信託にかかる3つの手数料

投資信託の手数料として、まずは「販売手数料」というものがあります。 これは「投資信託を購入するときにかかる手数料」です。 投資信託を買う側からすると、「なぜ販売手数料と呼ぶのだろう」と感じるかもしれません。 投資信託は、銀行や証券会社などの金融機関で販売されています。 これらの会社が投資信託を販売するときに得る手数料のため、販売する側からの呼び方として「販売手数料」という名称となっているのです。 ただ、購入する人から考えた呼び方として、「購入時手数料」と呼ぶこともあります。 両方を理解しておくと良いでしょう。 次に投資信託を購入して保有するときには、「信託報酬」という手数料がかかります。 投資信託を購入すると、運用をしてくれる会社に投資信託の運用を任せることになります。 運用を行う会社はあなたから費用を支払ってもらうことで、運用を行います。 このように、投資信託を運用する会社へ支払うのが信託報酬です。 最後に、投資信託を売却するときには、「信託財産留保額」という費用がかかります。 投資信託を売ることで、キャッシュ(現金)に変えることができますが、このときにも手数料がかかるのです。 株などでは基本的に、購入・売却時の両方で手数料が発生します。 投資信託もこれと同じで、購入と売却するとき両方で手数料がかかるのです。 購入するときにかかるものが、前述した販売手数料です。 売却するときにかかるのが、信託財産留保額です。

3つの手数料について理解しよう

ここでは投資信託にかかる、代表的な3つの手数料について紹介しました。 投資信託にかかるコストは費用と呼ばず、「手数料」と呼びます。 まずはこのことをしっかり理解しておきましょう。 投資信託でかかる手数料は3種類あり、販売手数料・信託報酬・信託財産留保額の3つです。 よく覚えておくと良いでしょう。
Read More